NPO法人ITコーディネータ広島です。中小企業の経営課題に対する経験豊富なコンサルが多数在籍しています。

平成30年度東広島市中小企業経営改善事業

中小企業の人手不足対策を支援!

平成30年度東広島市中小企業経営改善事業

人手不足が深刻で、対応に苦慮されている東広島市内の事業者(※注1)の皆さま。このたび、こうした事業者の悩みを解決するため「中小企業生産性向上のための支援プログラム」を実施します。本プログラムでは、成功事例などを知るセミナーを皮切りに、基本カリキュラムに従って自社の「生産性向上計画」を策定。その計画に則り、実際に必要な対策(IT導入等)をとるまで、一貫して専門家(ITコーディネータ)がお手伝いします。しかも、そのIT導入等の費用の一部(※注2)を含め、全てのプログラムが無料。自社だけではなかなか進められなかった人手不足対策・生産性向上を、この機会に是非進めて見ませんか?
(※注1)中小企業基本法に規定する中小企業者及び小規模事業者で、東広島市内に本店又は主たる事業所を有するものが対象。
(※注2)RPA導入やエクセルのマクロ設定など、生産性向上に役立つ「業務のデジタル化」が対象。月額課金制の場合は、本事業期間中のみが対象。10万円を超える投資の場合も、経費支援額は1社・10万円(税別)まで。

参加企業募集中。一部参加も可能です!!

詳細・申し込みは、「東広島市中小企業経営改善事業」のページから

 ケース研修(2018年度第2期)受講生募集開始しました。

当法人が実施する2018年度第1期ケース研修の日程は2019年1月19日、2月2日、3日、16日、17日、3月2日(土日、6回) です。

当法人のケース研修の特徴は、ITコーディネータとして独立しコンサルの現場で活躍する2名のインストラクターが担当することです。

メインインストラクターは、中小企業診断士として多くの中小企業のコンサル実績とセミナー実績のある児玉ITCです。サブインストラクター(兼事務局)は、情報処理技術者(AP,PM等)でITコーディネータとして独立している志多木ITCです。

両インストラクターとも、15年以上のコンサル実績を持つITコーディネータで多数の中小企業や自治体の支援実績を持ちます。また、当法人の理事でもあり多くのITコーディネータの相談を受けております。
詳細は、ITコーディネータ広島 ケース研修について をご確認ください。

ITコーディネータ広島は、中小企業の経営を支援します。

ITコーディネータ広島はITコーディネータ資格取得者を中心に税理士、中小企業診断士、情報処理技術者、公認システム監査人、プライバシーマーク審査員などで構成された法人です。
中小企業支援支援機関(認定支援機関)として経済産業省の支援制度(ミラサポ)を活用した支援事業や創業者支援を行っています。

また、地域のITコーディネータ資格取得者の支援やITコーディネータ資格取得のためのケース研修の実施なども積極的行っています。

中小企業の様々な課題解決やITコーディネータに関するお問い合わせなどありましたら、気軽にお問い合わせください。

プライバシーマーク2017年度版(新JIS)に対応しました

プライバシーマークが2006年版から2017年版に移行され、2018年8月1日以降の更新審査は2017年版での審査となりました。

当法人では、2005年からプライバシーマークコンサルティングを実施しており、広島県、岡山県、鳥取県の事業者に対してプライバシーマーク取得、更新を支援してきました。

当法人の標準ツールは小規模企業から上場企業まで対応可能かつ、運用が容易になるよう工夫しております。

また、所属するコンサルタントは全てプライバシーマーク審査員資格を取得しています。

是非プライバシーマークを取得し、企業の価値を高めましょう。

icon_title_regionplatform地域プラットフォームに登録しました。

中小企業・小規模事業者の経営を地域で支援する「地域プラットフォーム」に参加しました。

経営に関するあらゆるご相談に対応いたします。

経済産業省の施策に協力し、企業の支援を行っています。

経営相談から、情報システム導入や更新に関する相談までなんでもご相談ください。

経営革新等支援機関に認定されました。

npo@itc-hiroshima.net

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.