毎月第2水曜の夕方(18:00~20:00)に定期セミナーを実施します。

第11回目は、7/12(水)、法人会員のCSP(株)様からの情報提供です。

ノートパソコンを持ってきていただければデモを体験していただけます。

是非ご参加ください。

テーマ:

「コーディング不要のシステム開発基盤『OutSystems』の開発手法を体験するセミナー」

講師:

(株)BlueMeme 代表取締役 松岡真功 様

松岡さまのご紹介はこちらをご覧ください。

「2025 年、いままでのSIerは滅びる!」迫り来るIT革命を生き延びるために身に付けなければいけない、エンジニアにとっての“付加価値”とは?

 『OutSystems』のように、大規模なシステムを少ないチームで開発できる“コードレス開発”の仕組みが現れたことで、2025年にはIT業界を揺るがす革命が起きるとBlueMeme松岡社長は考えます。
この革命によって、仕様書の内容をただコード化するだけという仕事は大幅に減ることになるでしょう。
それでは、世の中から必要とされ、生き残るエンジニアとはどのような人たちなのでしょうか。
二極化すると考えています。一つは『OutSystems』のようなシステムを作るためのシステムを開発できるエンジニア、そしてもう一つは、そういったシステムを使いこなせるエンジニアです。
前者については、技術力をもって汎用性の高いシステムを作れる人材である為、生き残ると確信できます。そして後者、システムを使いこなすエンジニアには以下のようなスキルが必要とされます。
現在の一般的な開発工程で当てはめると、いわゆる最上流工程を担うエンジニア、すなわち、ユーザー(クライアント)の業務体系をきちんと理解したうえで、それをシステムの仕様に合った形に設計できるエンジニアです。このようなスキルはこれまで以上に強く求められるようになり、そういったスキルを持ったエンジニアこそが、 付加価値を持った人材として活躍していくことになるでしょう。

今回のセミナーで受講者の皆様が、実際にOutSystemsで簡単なアプリケーションを作成していただくことで、製品と時代に必要とするエンジニアのスキルについてのご理解を深めていただくことを目的としています。

タイムテーブル:

18:00~19:00 講演
19:00~20:00 ディスカッション

会場:

NPO法人 中四国マネジメントシステム推進機構 交流室
http://www.ms-kikoh.or.jp/kikoh/3/index.html

参加資格:

ITC広島会員であること
非会員の方は、当日会員登録をお願いします。(利用会員3,000円/年)

実践力ポイント:

上限なし1P(届出組織主催セミナー)が取得できます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご意見など(入会希望など)